2017年9月16日土曜日

【参加者募集/和歌山市】地域福祉ひろがるカレッジ


●地域福祉の課題を一緒に解決しませんか?
和歌山市では住民が主体的に地域課題を把握して解決を試みる「我が事の地域づくり」に向けて、今回は市内で既に活動する団体の皆さまと、地域福祉の課題を一緒に考え、解決に向けて取り組んでいく「地域福祉ひろがるカレッジ」を開催します。このカレッジを通じて、和歌山市で目指していきたい地域福祉を一緒に考え、実行していきます。


募集【1】講演会

日 時:平成29年9月29日(金)15:00〜17:00
講 師:山崎 亮(studio-L代表、東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科長、社会福祉士)
内 容:地域福祉とコミュニティデザインに関する講演
    地域福祉ひろがるカレッジに関する説明
定 員:100名(先着順)
対 象:和歌山市内在住の皆さま
会 場:和歌山市中央コミュニティセンター多目的ホール(小)
    和歌山市三沢町1-2
参加費:無料
〆切り:9月22日(金)※定員に達しない限り受け付けます

▽申込み/問い合わせ先
和歌山市福祉局社会福祉部高齢者・地域福祉課
〒640-8511
和歌山市七番丁23番地
電 話:073-435-1063 FAX:073-435-1268
メール:koureisha@city.wakayama.lg.jp

▽申込み方法
以下の内容を明記の上、高齢者・地域福祉課までメールしてください。
・氏名
・年齢
・性別
・E-mailアドレス
・住所
・電話番号
・FAX番号


募集【2】モデル5団体

内 容:地域や団体の課題をstudio-Lと話し合わせていただく5団体を募集します。
    課題の解決策と、和歌山市の地域福祉に必要な講座を一緒に考えます。
対 象:「我が事の地域づくり」や地域福祉に取り組まれている団体、取り組みたい団体
    活動をステップアップさせたい団体、課題があり悩んでいる団体
〆切り:10月9日(月)
※モデル5団体には、以下のキックオフ講座に参加していただく必要があります。

▼モデル5団体向けのキックオフ講座
日 時:平成29年10月24日(火)13:30〜15:30
講 師:出野 紀子(studio-Lディレクター、東北芸術工科大学コミュニティデザイン学科教員)
定 員:各団体4名まで
内 容:地域福祉の最新事例に関する勉強会
    和歌山市の課題を話し合うワークショップ
会 場:和歌山県JAビル2階 和ホールC
    和歌山市美園町5-1-1

※11月以降、studio-Lがモデル団体を訪問させていただきます。
※モデル団体の皆さんと話し合い後をもとに、和歌山市の地域福祉の課題を整理し、ステップアップを目的とした公開講座を準備します。(公開講座の開催は12〜1月)

▽申込み/問い合わせ先
募集【1】と同じ

▽申込み方法
以下の内容を明記の上、高齢者・地域福祉課までメールしてください。
・団体名
・代表者名
・団体住所
・電話番号
・FAX番号
・キックオフ(10/24)への参加希望人数(最大4名)
・団体概要
・団体の課題
・地域福祉ひろがるカレッジで学びたいこと
・モデル団体には、12月中旬〜1月中に開催する公開講座に可能な限り参加いただきたいです。
12月中旬〜1月中で、ご都合の悪い日を、わかる限り教えてください。

▽運営会社について
株式会社studio-L(スタジオエル)

studio-Lは、2005年に山崎亮が設立。地域の課題を地域に住む人たちが解決するコミュニティデザインに携わる。これまでに、いえしま地域まちづくり、海士町総合振興計画など、まちづくりのワークショップや住民参加型の総合計画づくりなどに携わっている。










2017年9月15日金曜日

【参加者募集】むこうスタイルLABO  

向日市で新しいプロジェクトが始まります!

これからの向日市でのまちづくりを担う、人材育成プロジェクト。
取り組みのスタートとなる勉強会を開催します!


暮らし方から「まち」を考える 「むこうスタイルLABO」

「向日市でなにか楽しいことをはじめたい」「つながりをもっと地域で広げたい」
向日市では、主体的な市民活動により、永続的に自立したまちづくりを進めていくための人材を育成することを目指したひとづくり・まちづくり・ゆめづくりプロジェクトがスタートします。
一人ひとり、暮らし方や人生はさまざまですが、幸せに暮らしていくために向日市はどんな「まち」を目指していけばいいのでしょう。そして、どんな取り組みや活動を生み出していくべきでしょうか。向日市らしい、向日市ならではの幸せな暮らし方とは。
「むこうスタイルLABO」は、一人ひとりの暮らし方、生き方から「まち」を考え、仲間と学び合いながら向日市で楽しく生きていくための新しい価値観「むこうスタイル」を一緒にみつけだしていくための場所です。

※お申込みは9月28日からとなります






1回勉強会「むこうスタイルとは」


114日(土)10:00-17:00
講師:山崎亮(studio-L代表)
トークセッションゲスト:金子達也さん、安藤万佑子さん(なでラボ)、林リエさん(ミンナソラノシタ代表)
地域で活動することは、どのような魅力や課題があるのか。向日市、そして、他の地域で実際に活動をされている方をゲストに招き、活動の楽しさ、活動を通して得られる学びやつながりなどについて語り合います。また、これから一緒に学び合う仲間となる参加者のみなさんの出会いの場となります。交流をしながらお互いを知り、この勉強会で得ることのできる学びや、その後のビジョンを共有していきます。


2回勉強会「活動を生み出すプロセスを知ろう!」

1123日(木・祝)10:00-17:00
講師:唐品知浩(株式会社リゾートノート取締役)北山幸朋(株式会社JAPAN PROPERTY nationwide代表)
自分たちの暮らす地域の魅力を掘り起こし、その魅力を活用し、さまざまな活動を市民主体で実践していくこととは。「面白がる」という視点を通して東京の神田をフィールドにさまざまな「ことおこし」を実践している事例から、地域で活動を生み出していくプロセスを学んでいきます。


3回勉強会「地域の魅力をみつけよう!」

1223日(土・祝)10:00-17:0
講師:陸奥賢(観光家/コモンズデザイナー)
向日市にはどんな魅力があるのでしょう。実際に歩くことで見えてくる魅力や課題があります。第3回ではプログラムの中でまちあるきを実施し、体験しながら学んでいきます。また、観光・メディア・まちづくりをテーマに、独自の視点でまちの魅力にスポットをあてた活動事例から、新たな視点や捉え方を発見し、向日市での活動をイメージしていきます。


4回勉強会「活動のアイデアを考えよう!」

128日(日)10:00-17:00
講師:神庭慎次(コミュニティデザイナー/studio-L
3か月にわたる勉強会を通して、それぞれがイメージしてきた活動アイデアを実現させていくために、デザイン、情報発信、継続させていくための工夫など、アイデアを共有しながらブラッシュアップしていきます。そして、今後の活動にむけた取り組みをどう進めていくかを考えていきます。



「ひとづくり・まちづくり・ゆめづくりプロジェクト」とは

これからの向日市でのまちづくりを担う、人材育成プロジェクトです。
まちづくりを進めていくためには、市民自らが自分たちの暮らす地域の魅力を掘り起こし、その魅力を活用し、さまざまな活動を市民主体で実践していくことが大切です。また、向日市ではすでに活発に活動されている市民のみなさんもたくさんいますが、今後継続してまちづくりを進めていくためには、新たな活動を生み出すとともに、既存の活動の活性化や、活動フィールドを広げていくような取組みも必要となってきます。そのために、市内の市民活動をコーディネートしするしくみを一緒に学び合いながら、コミュニティビジネスなども視野に入れ、市と協働してまちづくりの取り組みを展開していけるような主体の発掘、育成を目指しています。
むこうスタイルLABOは、これらの取り組みに向けたスタートとなる勉強会です。


参加申し込みのご案内

・参加申し込み:9月27日より申込受付スタート
・応募締め切り:1031日(火)
・場所:向日市商工観光振興センター
・参加費:無料(ただし、昼食、交通費、保険料、備品等実費文については各自負担)
・対象:4回とも参加できる高校生以上の方
    (向日市で活動されている方、これから活動を始めたい方)
・申込方法:申込書に必要事項を明記のうえ、郵送、メール、FAX、持参、いずれかの方法で提出ください。メールの場合は必要事項をメール文に記載いただいてもかまいません。
※一時保育を希望される方は、1020日までにお申し込みください。
(満1歳から就学前まで。定員あり。費用の半額相当を負担いただきます)


参加申し込み窓口・問合せ先

向日市 広報・ふるさと創生課
TEL  075 - 931 - 1111(代表)
FAX  075 - 922 - 6587




2017年8月1日火曜日

第3回橙賞を大橋謙策さんにお贈りしました!


第3回studio-L橙賞

 studio-Lの設立10周年を記念して2015年より始まった橙賞。今年で第3回目を迎えました。
 第1回の受賞者の石川善樹さん(予防医学研究者)、第2の受賞者のセルジオ・パレローニさん(ポートランド州立大学教授)に続き、今年の第3回橙賞は社会福祉学者の大橋謙策さんに感謝の気持ちを込めて贈らせていただきました!
 今年はコミュニティデザイン学科のある東北芸術工科大学を会場に、受賞者の大橋さんをお招きし、橙賞の授賞式を開催しました。当日は、studio-Lより橙の形をした木彫りのトロフィーを贈らせていただき、大橋さんに記念レクチャーをしていただきました。

今年の受賞者は大橋謙策さんに

 日本を代表する社会福祉学者である大橋さんは、1960年代から一貫して未来につながる地域福祉の仕組みを追求されてきました。
 studio-L代表の山崎は、自身の著書『縮充する日本』の執筆にあたり、参加の時代の地域福祉とはどういうものかその潮流を学ばせていただくため、大橋さんに取材をさせていただきました。
 当日の記念レクチャーでも、大橋さんのこれまでの実践のみならず、様々な分野に対する広く深い知見や気さくなお人柄、島木健作さんの著書『生活の探求』の主人公の生き方に憧れたという、実践の根底にある社会や生活への想いなど、様々なことを学ばせていただきました。studio-Lスタッフや学生一同、貴重な学びの機会を与えていただきました。
 大橋さん、ありがとうございました!
 来年も弊社の設立日である「橙の花咲く夏」、81日に、第4回橙賞を発表させていただく予定です。


studio-L橙(だいだい)賞とは

 studio-Lでは、全国で様々なプロジェクトに取り組む際に、たくさんの事例を調べています。これらの事例が私たちのプロジェクトに様々なヒントを与えてくれています。そのなかでも、コミュニティデザインに取り組む上で、特に勇気づけられた事例や実践者に対して、感謝の気持ちをお伝えするためにつくったのが「橙賞」です。橙は、何世代にも渡って実がなり続ける縁起のいい樹木であり、そこから「代々」栄える事業の象徴にもなっています。

過去の受賞者:第1回 石川善樹さん(予防医学研究者)
 第2回 セルジオ・パレローニさん(ポートランド州立大学教授)



2017年7月31日月曜日

【参加者募集】川上村・むらメディアをつくる旅

●地域の情報発信に興味のある人、大募集!

吉野川の水源に位置する「水源地の村」川上村では、色んな人たちがライターとなって参加できるWebサイトをオープンしました。この「むらメディア」を使った地域の情報発信に興味のある人たちへ、取材と記事づくりを体験していただく「むらメディアをつくる旅」を開催します!

▼川上村のWebサイト
http://www.vill.kawakami.nara.jp/


●以下いずれかの募集枠より参加ください!


募集①:ライターとして情報発信に関わりたい人
川上村に関係のある人やイベントを取材し、Webサイトに載せる記事をつくるワークショップを通じて、インタビューや記事づくりのノウハウを学ぶことができます。

募集②:川上村で情報発信の仕事をしたい人
川上村に住み、地域の人たちと関わりながら「むらメディア」を編集する仕事(Webサイト運用、記事の企画・執筆など)に携わっていただきます。
※地域おこし協力隊として1名採用を予定しています。

●日程(都合のよい日程にお申込みください)

8月26日(土)、9月23日(土)、10月8日(日)、11月18日(土)、12月2日(土)

●各回の詳細(チラシ参照)


●定員:各回5名程度(先着順)


●申込み期限:各回の1週間前まで

以下の内容を明記の上、事務局にメールで申し込んで下さい。
①募集枠
②氏名(ふりがな)
③性別
④年齢
⑤住所
⑥メールアドレス
⑦電話番号
⑧参加日(複数可)
⑨職業(募集2の場合)

●申込み・問い合わせ先

kawakami@studio-L.org

●費用:無料(ただし昼食実費)


●集合:川上村役場に午前11時

奈良県吉野郡川上村大字迫1335-7(交通については応相談)

●主催:奈良県川上村 運営:studio-L


※むらメディアのこれまで

2016年10〜12月に、地域メディアを考える全3回の講座「むらメディア修練場」を開催しました。その内容を踏まえて、2017年4月に川上村の新しいWebサイトがオープン。「水源地を楽しむ」ページを使って、川上村の取り組みを発信しています。

2017年7月27日木曜日

【参加者募集】家とわたしのこれからにそっと向き合う3日間講座

大切に住み継がれてきたからこそ、真剣に考えたい「家の将来」のこと。
いざという時のことを、いまから考えてみる講座が山口県阿武町で始まります。

[選ばれる町をつくる 阿武町の取り組み]
阿武町は人口3,500人弱の小さな町。町には不動産業がないため空き家が思うように流通せず、住まいの選択肢が少ないのが悩みでした。
多様なすまい方ができるまちには、多様なライフスタイルを送る人が集まります。
大切にされてきた家を放置することなく未来に継いでいきたい。
家を手直ししながら自分に合った暮らしを送りたい。
地域とのつながりを大切にしてくれる人に移り住んでもらいたい。
不動産業のない町だからこそできる、家と人・地域との関係の育み方に挑戦しています。(http://www.town.abu.lg.jp/lab/

[講座のご案内]


・3回の連続講座を開催します。(1回のみの参加も可能です)
・町外の方も参加可能ですが、定員に達した場合は阿武町在住の方を優先させていただきます。
・要申し込み、参加無料、託児あり(要予約)です。
・場所はいずれも町民センター多目的ホールです。
・プログラムの一部では体や手を動かします。必要なものや服装については、講座参加希望の方に個別にご連絡させていただきます。

講座①「時を重ねること」に向き合う
2017.8.26(土)13:30〜16:30
講師:久保田好正氏(株式会社斬新社代表取締役)
作業療法士で二級建築士の久保田氏より、自分らしく最後まで生き抜けるための健康づくりや家づくりについてお話いただきます。

講座②「大切な思い出」に向き合う
2017.9.3(日)13:30〜16:30
講師:楢侑子氏(株式会社ナムフォト代表取締役)
「いかに生き、いかに逝くか 写真をとおして考えよう」をテーマに活動されている楢氏より、写真の整理を通じて思い出に向き合い、整理する方法についてお話いただきます。

講座③「残せるもの、残せないもの」に向き合う
2017.9.9(土)13:30〜16:30
講師:市原美穂氏(認定NPO法人ホームホスピス宮崎理事長)
   山崎亮氏(弊社代表)
自宅に近い環境での看取りを実践するために、宮崎市内の空き家を借り上げホームホスピスを開設されてきた市原氏と、弊社代表山崎との対談を通じて、「住まい」「人」「つながり」「老い」をテーマに掘り下げていただきます。

申し込み:2017.8.19(土)締め切り
阿武町役場まちづくり推進課(担当:石田)
tel:08388-2-3111
fax:08388-2-2090
mail:kikaku@town.abu.lg.jp


[講座のプレ企画のご案内]

映画『人生フルーツ』上映会
・町内3地区で映画の上映会を開催します。
・どなた様も自由にご覧いただけます。
・申し込み不要、入場料無料、託児あり(要予約)です。

福賀会場
2017.8.5(土)9:00開場---9:30上映---11:30閉会
のうそんセンター(福賀公民館)

奈古会場
2017.8.5(土) 13:30開場---14:00上映---16:00閉会
文化ホール(町民センター)

宇田郷会場
2017.8.6(日)13:00開場---13:30上映---15:30閉会
ふれあいセンター(宇田郷公民館)

講座のご案内・チラシはこちらから

2017年7月25日火曜日

【募集】studio-Lではインターンを募集します!

studio-Lのインターンでは、全国各地のコミュニティデザインの現場を
体験していただくことができます。

通常は1~2ヵ月を基本としていますが、長期間かかわることでプロジェクトマネジメントから地域の皆さんとの日常的なコミュニケーションまで、あらゆる実践的な経験やスキルが身につきます。

以下のような人をイメージしていますが、私たちにとっても良い出会いになることを
願っていますのでやってみたいと思う方のご応募をお待ちしています!!

【求める人物像】
 ・建築、都市計画、ランドスケープデザインなどを勉強している
 ・プロジェクトマネジメントの実務 経験をつみたい
 ・ワークショップ運営やファシリテーションに興味がある
 ・編集やグラフィックデザインに興味がある
 ・地域の方と触れ合う機会を持ってみたい

【期間】
 ・短期(最低1ヶ月以上)?長期
 (長期間の方が自分の学びになることが多いです)

※応募はstudio-Lのホームページにある 問い合わせフォーム からお願いします
 http://www.studio-l.org/contact/

※応募の際は「インターンの応募」が分かるように明記してください

2017年7月24日月曜日

代表の山崎が台湾・台東県でアドバイザーに就任しました!


過疎化や少子高齢化など様々な社会課題を抱える台東県では、2016年の7月に起きた台風をきっかけに、デザインセンターが設立されました。このデザインセンターではコミュニティデザインを取り入れ、住民と行政の連携による地域創生を目指しています。

そこで今回、以前より講演会などで台東県を訪問していた山崎が、地域創生戦略のアドバイザーに就任することとなりました!(任期:2017年5月〜12月)

7月21日には、現地で就任式を開催していただきました。主にデザインセンターの推進戦略や、地域人材の育成について助言していきます。

国外のアドバイザーに就任するのは初めてですが、日本で培ったコミュニティデザインの経験を活かし、台東県の地域創生にも尽力したいと思います。