2016年8月19日金曜日

「私の智頭くらしを考える」ワークショップを開催します!



智頭町総合計画策定プロジェクト”山・ひと・暮らしラボ”
「わたしの智頭くらしを考える」ワークショップ を開催します!

智頭町では、今後10年間のまちの指針となる第7次総合計画の策定プロジェクトを進めています。
智頭町で暮らすたくさんの方に参加していただき、みんなで智頭町のこれからを話し合い、計画づくりを進めていくことを目指しています。

「わたしの智頭くらしを考える」ワークショップ は、住民のみなさんと一緒に智頭町のこれからの10年を考えていく場です。智頭町のこれからの10年を一緒に描いてみませんか。



■プログラム 


1回「まちの取り組みを知ろう!」


915日(木)19:00-21:30
智頭町では住民のみなさんの暮らしを支えるために、300を超える施策を実施しています。私たちは生まれ育って年老いていく中で、学生時代、就職、結婚、子育て、介護など、さまざまなライフイベントを経てきます。そんな私たちの人生の中で施策がどのように関わっているのかを知ることで、町の取り組みを理解していきます。


2回「理想の暮らしを考えよう!」


1020日(木)19:00-21:30
人口減少、少子高齢化が進む中で、これから智頭町で幸せに暮らしていくために、私たちが描く智頭町での理想の暮らしを考えていきます。


3回「未来の暮らしを良くするアイデアを考えよう!」


128日(木)19:00-21:30
町の取り組みを知った上で、幸せに暮らすための理想の暮らしを実現するために必要なこと、そのためのアイデアを考えていきます。

■お申込み方法
お申し込みは企画課まで、お電話かメールで必要事項をご用意の上、ご連絡下さい。
必要事項:①お名前②お住まい③年齢④ご職業 電話番号 (チラシ記載のまま)
智頭町企画課 TEL:0858-75-4112 メールアドレス:kikaku@town.chizu.tottori.jp


■問い合わせ先
智頭町企画課 TEL0858-75-4112

参加費は無料です。多くのみなさんの参加をお待ちしています!

あわせて、若手世代が気軽に交流できる場づくりとして
「智頭ワカモノ会議」も開催します!
こちらは気軽にゆるく、まちについて語り合う場。
どなたでも参加可能です。ぜひ、お問い合わせください!

2016年8月5日金曜日

黒松内町「たべるとくらしの学校」のウェブサイトができました!



北海道有数の「福祉のまち」である黒松内町では、食と健康な暮らしをテーマに、予防や健康づくり、起業、移住などについて学び、話し合うための「たべるとくらしの学校」を開校し、住民のみなさんとともに生涯活躍のまちづくり(日本版CCRC)に取組んでいます。

都会の出身者やアクティブシニアに「黒松内町で暮らしたい!」と思ってもらうためには、まずは黒松内町に暮らす私たち自身が、生涯活躍するためのライフスタイルを身につけることが必要なのではないでしょうか。黒松内町では、若い世代を中心に「楽しさ、美味しさ、美しさ」を大切にしながら、活動を実践し、実現に向けて取組んでいきます。

若い世代が取組む地域づくりのプロセスを町外の人にも知ってもらいたいという想いから、ウェブサイト「tabekura.jp」を立上げました!各回のワークショップや視察の様子などを随時UPしていきます。みなさん、ぜひチェックしてみてください◎

↓↓↓こちらをクリック!
http://tabekura.jp/



2016年8月1日月曜日

第2回橙賞をパレローニさんにお贈りしました!


2016年6月21日に、studio-L大阪事務所で第2回橙(だいだい)賞の授賞式を開催しました!今年の受賞者であるセルジオ・パレローニさんをお招きし、トロフィーの授与と記念レクチャーを開催しました。

studio-L橙賞とは
studio-Lでは、全国で様々なプロジェクトに取り組む際に、たくさんの事例を調べています。これらの事例が私たちのプロジェクトに様々なヒントを与えてくれています。そのなかでも、コミュニティデザインに取り組む上で、特に勇気づけられた事例や実践者に対して、感謝の気持ちをお伝えするためにつくったのが「橙賞」です。橙は、何世代にも渡って実がなり続ける縁起のいい樹木であり、そこから「代々」栄える事業の象徴にもなっています。

第2回受賞者はセルジオ・パレローニさん
昨年の第1回は「友だちの数で寿命がきまる」の著者である予防医学研究者の石川善樹さんにお贈りしました。そして今年の第2回は、ポートランド州立大学教授のセルジオ・パレロー二さんにお贈りしました。
パレロー二さんは、ソーシャルデザイン分野の世界的な第1人者として、建築的な取り組みを通じて災害復興や貧困地域に暮らす人々の経済的自立に貢献されています。代表的なプロジェクトの例として、自然災害で損壊した住居の廃材を使った家具づくりを通して、地域にしごとを生み出す「ハリケーン・カトリーナプロジェクト」などがあります。


授賞式当日は、小さな木製のトロフィーを贈らせていただいた後、パレロー二さんの記念レクチャーを開催しました。レクチャーでは、コミュニティの要望に応えながらデザインを実践するパブリック・インタレスト・デザインの取り組みについてお話いただきました。

パレロー二さん、ありがとうございました!


来年も弊社の設立日でもある「橙の花咲く夏」、8月1日に、第3回橙賞を発表させていただく予定です。

2016年7月8日金曜日

くさねっこDAYがいよいよ始まります!




平成29年春に新たな市民活動の場としてオープンする草津川跡地公園。今年度はいよいよ「くさねっこ」の取り組みの日常化に向けて、7月から11月の5ヶ月間、最終土曜日を「くさねっこDAY」として月に1回の小さな試みをスタートさせます。将来の跡地空間の雰囲気を感じに「くさねっこDAY」に遊びに来てください!

【日 付】730日、827日、924日、1029日、1126
【時 間】11:0015:00 ※プログラムによって開始時間が異なります。
【場 所】niwa+(ニワタス)
【費 用】プログラムによって異なります。



■草津川跡地整備プロジェクトとは
滋賀県草津市で進めている「草津川跡地整備プロジェクト」では、跡地空間を市民活動の空間として整備し、「ガーデンミュージアム」というコンセプトのもと、まちなかと琵琶湖をむすび、人と人をつなぐ魅力的な空間づくりをすすめています。

■これまでの流れ
平成24年に跡地空間を市民とともに考えるワークショップを開催し、空間デザインに反映しました。また、平成26年には将来の跡地での市民活動のコンセプトを話し合うワークショップがスタートし、市民活動の愛称「くさねっこ」が話し合いの中から生まれました。そして、平成2710月には、草津川跡地のオープン前に、草津川跡地での活動をイメージし様々なプログラムを実施した社会実験「くさねっこ文化祭」を開催し、多くの方にご参加いただきました。

 草津川跡地整備事業について

くさねっこFacebookページにて、くさねっこメンバーが情報発信を行っています。
 ぜひ、ご覧ください。

<問合せ先>
草津市 都市計画部 草津川跡地整備課
525-8588 滋賀県草津市草津三丁目1330
TEL077-561-6867 FAX077-561-2487
E-mailkusatsu-river@city.kusatsu.lg.jp

2016年7月4日月曜日

牛原山festa 開催します!

伊豆半島に位置する静岡県松崎町。
海と山に囲まれた自然豊かなまちであるとともに、なまこ壁の建物が今でも数多く残る風情ある町並みも特徴です。

まちの中央に位置する牛原山は、昭和59年に里山公園として整備されました。アスレチックやボブスレー場などが整備され、子どもたちの遊び場、町民の憩いの森として活用されてきました。
しかし月日が流れ、徐々に施設が老朽化し、訪れる人が少なくなってしまいました。

この場所に町民の皆さんが集い、楽しい活動ができる場所にしていくため、そして町外からも多くの人が訪れる場所にするために、町民の皆さんと話し合い、時には活動しながら牛原山整備計画を策定し、その後の整備活動もやってしまおうというのが「里山ファクトリー」です。


「牛原山festa」は、これまでの話し合いから生まれた牛原山でやってみたい活動を実際に試してみる社会実験です。開催するプログラムは参加者メンバーが企画したもので、牛原山でしか楽しめないプログラムが盛りだくさん!牛原山を遊びつくしてみませんか。
事前申込みは不要、どなたでもご参加いただけます!



■開催日時
平成28年7月23日(土)、24日(日) 11:00~15:00

■会場
牛原山町民の森 
※プログラムによって開催場所が異なりますのでチラシをご参照ください。

■問い合わせ先
松崎町役場 企画観光課 まちづくり推進係
電話:0558-42-3964
FAX0558-42-3183

※少雨決行(ただし警報等が出た場合は中止となります)
※牛原山山頂付近に駐車場はありますが数に限りがありますのでご了承ください。



2016年6月28日火曜日

【募集】studio-Lではインターンを募集します!


studio-Lのインターンでは、全国各地のコミュニティデザインの現場を
体験していただくことができます。

通常は1~2ヵ月を基本としていますが、長期間かかわることでプロジェクトマネジメントから地域の皆さんとの日常的なコミュニケーションまで、あらゆる実践的な経験やスキルが身につきます。

以下のような人をイメージしていますが、私たちにとっても良い出会いになることを
願っていますのでやってみたいと思う方のご応募をお待ちしています!

【求める人物像】
 ・建築、都市計画、ランドスケープデザインなどを勉強している
 ・プロジェクトマネジメントの実務 経験をつみたい
 ・ワークショップ運営やファシリテーションに興味がある
 ・編集やグラフィックデザインに興味がある
 ・地域の方と触れ合う機会を持ってみたい

【期間】
 ・短期(最低1ヶ月以上)〜長期
 (長期間の方が自分の学びになることが多いです)

※応募はstudio-Lのホームページにある 問い合わせフォーム からお願いします
 http://www.studio-l.org/contact/

※応募の際は「インターンの応募」が分かるように明記してください

2016年6月23日木曜日

[参加者募集]白馬村総合計画策定プロジェクト 白馬アイデアキャラバンin東京を開催します!



白馬村総合計画策定プロジェクト 白馬アイデアキャラバンin東京を開催します!

白馬村では現在、今後10年間の村づくりの指針となる「白馬村第5次総合計画」のうち、前期5年間の基本計画の策定を進めています。2015年度は「白馬アイデアキャンプ」と題し、将来の村づくりにかかわる観光や農業や教育など分野の課題や将来像を検討しました。今年度は、「白馬村アイデアキャラバン」として、アイデアを実現する住民アクションを考えていきます。
今回は、村外の白馬ファンの皆さんと一緒に、【豊かさ】、【多様性】、【学び】をキーワードに白馬村で出来るアクションについて意見交換を行います!また、白馬村 下川村長、白馬村と連携協定を締結したヤフー株式会社代表取締役社長  宮坂氏、白馬村の総合計画の策定支援を行っているstudio-L代表 山崎による鼎談や白馬村の食材を使用したお食事などの提供を予定しています。

■開催日時 
平成28年7月12日(火)19:00~ (開場18:00)

■会場
Yahoo! JAPAN 社員食堂 BASE6(東京都港区六本木)
※会場住所などについては、申込者に個別にご案内します

■プログラム
・白馬村総合計画について
・白馬鼎談-これからの"むらづくり"
 下川村長×宮坂氏×山崎氏
・白馬キックオフの共有
・「自分たちが出来ること」
 参加者同士の意見交換
・白馬ワークショップ(8月)の案内
※プログラム内容は一部変更になる可能性がございます。
 ご了承ください。

■問い合わせ先
白馬村役場総務課企画係
TEL:0261-72-5000 | FAX:0261-72-7001
E-mail:keikaku@vill.hakuba.lg.jp

白馬村民の方、村外の白馬ファンの方、これから白馬村への移住を考えているなど、白馬村に興味のある方はどなたでも参加できます。


入場無料ですが、事前申し込みが必要です。7月8日(金)までに、氏名(フリガナ)、住所、電話番号を入力のうえ、keikaku@vill.hakuba.lg.jpまで電子メールによりお申し込みください。多くのみなさんの参加をお待ちしています!

※東京キャラバン後は、8月6日-7日に白馬村にて合宿形式のワークショップを実施予定です。7月12日に白馬村でのワークショップの参加有無を確認させていただきます。事前にご検討のほどよろしくお願いします!